フルート オカリーナ館   おがわオカリーナ奏法   ご質問は BBS へ     

000853   Since  7 July 2009




Sunday December/4/2016

Thank you !! You are on this site has been visited 1 times from .
Your IP and HOST NAME is [ 54.146.179.146 ] [ ec2-54-146-179-146.compute-1.amazonaws.com ].


ーーーほんとうはコンピュータが苦手なあなたの為にーーー
オカリーナを録音して楽しもう!




少し吹けるようになると色々な理由で録音したくなります。
しかし、それは鏡を見るのと同じ事で客観的に自分の演奏を見つめる事になり、
自分のイメージとは程遠い演奏を聞く事になります。
その録音を聞いてありのままの自分を受け入れ自分の理想とのギャップを埋める為に
さらに練習を積むのも良いのですが・・・・・・・。


絵画や書道と違い貴方が苦心して演奏できる様にしても、
音楽は時間芸術ですからその演奏は消えてしまいます。
それはそれで音楽の良さでもあるでしょうが、
あなたの折角のパフォーマンスを記念として良い音で記録できれば・・・とか、
それを元にCDが簡単に作る事が出来れば・・・なんて考えた事はありませんか?
ちょっと頑張ればコンピュータを使えば可能なのです。
私をはじめコンピュータ音痴の方には苦痛かも知れませんが・・・・、
それはそれとして楽しんでしまおう。・・と言うのが、
本当はコンピュータの事が大して詳しくもないのに、こんなぺーじを作ったもくろみでございます!




お持ちのコンピュータに無料のソフトをインストールする事で、
貴方の演奏を録音し、その演奏にエコーを付けたりして加工編集する事も可能です。
これは少し前でしたら専門家でないととてもできない事でした。

さらに無料のマルチトラック編集ソフトで貴方が一人でアンサンブル(多重録音)をする事も可能なのです。


ほーむぺーじを作って
オカリーナの作り方やオカリーナの理論それに演奏法などの受け売りの立派な御託をいくら並べて威張っても、
それを実証し裏付ける自分の演奏がなければみっともない理屈だけの単なる張子の虎でございます。
音楽に理屈はいりません・・・演奏がすべてなのです。・・・・・・ あははは 

もちろん、それらの録音をCDにして、
ちゃんとCDらしく印刷までしてプレゼントする・・・など。
お友達の迷惑も気にしないで一方的に聞かせる事も出来るのです。
さらに、自分の葬式でこの音楽を流して欲しいなどと、
参列者にはまったくもって迷惑な要求してしまったり・・・。
良く考えたら家事や仕事ばかりで自分を表現した事がないあなた! 
やってみましょう!! 


・・・何となくコンピュータでそんな事が出来るのは知っているが、自分はコンピュータは苦手で、
マイクやソフトに大変な費用もかかりとてもそんな事はできないだろうと思っているあなたの為に、
最も簡単にしかも安く楽しむ為の解説?をして行きたいと思っています。




◆ごらんください!!   皆さんの一人アンサンブル作品です!
写真と一緒に動画 としてYouTubeに投稿されています。  あなたも是非チャレンジを!!


かよちゃんの作品です

さとみさんの作品です

ここにはあなたの作品を!!



Message
-Short Message- 自由に書き込んで下さい
N: :

babsabtabk >> 2rand[0,1,1] -20(Wed) 12:02 am-46.28.66.2
hal >> 音が綺麗で音程も素晴らしいです!まるで鼻歌のような心地よさを感じます。 -11(Mon) 11:36 pm-114.18.14.87
1 >> 1 -14(Wed) 11:29 am-91.207.61.66
1 >> -1' -14(Wed) 11:29 am-91.207.61.66
-1' >> 1 -14(Wed) 11:29 am-91.207.61.66



■必要なもの


●オカリーナ  (何と言っても音が良いので「おがわオカリーナ」が良い・・あはは)
●ヘッドホン  ( 多重録音をする場合は簡単なものでもあった方が良く、長いコードの方が便利)
●マイク    (ステレオミニジャック仕様の5000円ぐらいの安いもので良い)


(マイクがなければコンピュータに付属しているマイクでも良いが、
その場合モノラルとなるし音が良くない折角コンピュータを利用して録音する場合は、
コンピュータとマイクの間にUSBオーディオインターフェイスなるものを使用して録音するのが良いと思われる。
参考までに私が使っている物は三種類ぐらいあるが高いものは必要ありません)

■ICレコーダー等に録音し、その録音ファイルをコンピュータに持って来る!・・と言う方法もお勧めです。
最近のICレコーダーは性能も良いし何しろお手軽・・・マイクやインターフェイスを買うお金で良いものが買える!
【Wavファイルで録音もできるものが下記の無料ソフトで編集する為には便利である。】



■必要なソフト
様々な機能を持った多くの有料や無料の種類のソフトがありますが、 Cycle of 5th (株式会社 サイクル・オブ・フィフス) の製品は、 貴方が録音して楽しむ為に必要かつ十分な二つのソフトを個人・教育利用及び転載目的でのみ無料で利用させてくれます。
提供してくれている SoundEngine Free と RadioLine Free を感謝して利用させて頂きましょう!!


音を編集するソフト



SoundEngine Free(サウンドエンジンフリー)
2chサウンド編集ソフト
Windows(2000/XP/Vista)向けサウンド編集ソフトです。
WAVEファイルの再生・録音・編集・変換機能をもち、軽快な動作と多彩なエフェクがあります。



Audacity サウンド編集ソフト

mp3ファイルを取り込んで編集しwavファイルで書き出しができます。



有料ソフトですが「サウンドイット」と言うソフトもお勧めです。



音を合成するソフト



RadioLine Free(ラジオラインフリー)
Windows(2000/XP/Vista)向けの、マルチトラック編集(ミックスダウン)が可能です。
4つのトラック(8チャンネル)に対して、音を録音したり貼り付けたりし、
また音量・定位・フェードなどを使って、一つの音声ファイルに書き出すのを得意とします。
また、SoundEngineと連携をしてファイル変換なども行います。



有料ソフトですが「デジオンサウンド」と言うソフトもお勧めです。



■あると便利なもの

CD 音声抽出 ライティングソフト
(CDから音声を抽出したり。ブランクCDに出来あがったファイルを書き込むソフトです。コンピュータに付属しているものもある)
メトロノーム
譜面台



書き込む為のメディア・・CDは安いもので良い!
それは沢山失敗するのが当然と思い失敗にくじけない為???
CDに印刷したい場合は印刷できるメディアを買ってプリンターのソフトで印刷する。



■拡張子
作業で使うのは wav  と言う拡張子のファイルですが、あなたのコンピュータでは、
その音声ファイルがどんな種類のファイルか表示できない設定に成っていますので、
ファイルの種類を表示する設定にしましょう。



●設定変更方法
---------------------------------------------
拡張子を表示するために・・・・

 ファイルの名前の後にそのファイルが何のファイルであるか表示するようにする設定。

 これで,Mp3 とか Wav とか htm とか html または txt などのファイルの
 拡張子があなたのコンピュータで表示されるはずです。

フォルダを開き(なんでも良い) 表示のドロップダウンメニューの
ツールを選択すると
フォルダオプションがある。

その中の表示のタブを選択し
登録されているファイルの拡張子は表示しない
と言う所のチェックを外し、

拡張子を表示する様に設定。

結果は・・ファイルの名前の所をご覧下さい。
変わりましたか?
では・・・次の作業に行って下さい。 
---------------------------------------------




同じ wav ファイルでもいろんな規格がありますが、ここではこれを覚えてこの様に設定しましょう。
(これは同じデジタル写真などと同じで、同じ画質にしましょうと言う事です。それとCDにする場合はこの規格なのです)

●16bit 44100Hz STEREO (このフォーマットを)

ピット・レゾリューションの種類には 8bit 16bit 24bit があります。
サンプリング・レート には 4000Hz から 192000Hz 位まで種類があります。
チャンネル には MONO と STEREO があります。



(◆貴方のICレコーダーで録音した音声ファイルをコンピュータに取り込み サウンドエンジンで加工する場合「wav」ファイルでないと加工できません。 wavファイルでない場合、そのファイルをwavファイルに変換する必要があります。 あなたのICレコーダーのメーカーにコンピュータとの接続ソフトがありWAVファイルに変換出来るかも知れません。 ICレコーダーの型番で検索すればメーカーのページが出てきますので調べてみましょう。 もしそれが無い場合はグーグルなどの検索窓に「Mp3 wav 変換 フリーソフト」などと入れて検索してみて下さい)


(◆お友達の会にある伴奏の音声ファイルの拡張子は mp3 ですから、 この伴奏と貴方の演奏を合成して伴奏とソロの演奏を合成する場合同じ規格のファイルにする必要があります。 ここで使うソフトは wavファイルですからmp3の伴奏ファイルはwavファイルに変換する必要があります。 どうしてもできない場合は伴奏をスピーカーで流し貴方の演奏と同時に録音すればよいのです。 音量のバランスをとる為に数回のテストをすべきでしょう)



■ダウンロードとインストール

SoundEngine Free と RadioLine Free をダウンロードしてインストールしましょう。

ダウンロードすると下のファイルがあるはずです。

 

(ダウンロードするときに直接インストールしないで新しいホルダを作りそこに保存する方が良いでしょう)


このファイルをクリックしてインストールが終了するとデスクトップの上に次のショートカットが出来ているはずです。

 


ご苦労様でしたこれで第一段階?が終了です。




■さて、次はテストをしましょう!


をクリックするとソフトが立ち上がります。

こんな画面が出てきましたか?
とりあえずいろんな所をクリックしてみて下さい。
たぶん、何をしても壊れないかと思いますが・・・
おかしくなったら再起動?!再インストールで対応して下さい。・・・あはは


色々な知らない言葉がたくさん出てきますがほとんど気にしないで必要な事だけ覚えましょう!






■さて、いよいよ第二段階です・・・それでは録音してみましょう!

準備
コンピュータの横の面にマイクミニジャックを差し込みます。
ディスクトップの場合は裏面にあると思います。



注目する場所は
・・・・




●ファイル名の欄をクリックしてあなたの好きな名前にして下さい。
●最初に録音と書いてあるタブをクリックします。
・画面の中が録音用に入れ替わります。

●録音デバイス(マイク)・周波数(44100)・ピット(16)・チャンネル(2・・ステレオの事)である事を確認する。

●右側の縦にあるメーターが、マイクに向かって音を出し反応していればOKです。
・もし反応が小さい様であれば録音音量をスライドさせて下さい。


それでは録音してみましょう!!
●赤い丸の隣にある右向きの矢印(プレイボタン)を押すと録音が開始されます。
●一時停止は先ほど押したボタンが二重線に成っていますからそれを押します。
●録音停止は赤い丸をもう一度押します。

すると画面が再生用の画面に変化して再生が始まります。
再生を止めたり始めたりするのには space キー を押します。


さて? どうでした、ちゃんと音が録音出来ていたら成功です。
第二段階終了です・・・おめでとうございました。




■調子に乗って第三段階に入りましょう!!


多重録音の準備!

二重奏を録音する場合は2回録音してそれを重ねれば良いのですが、
(4重奏の場合は4回になりますよね・・)
それだけでは音楽に自信がある貴方でも絶対と言って良い程、テンポや音符の長さがずれます。
そこで基準になる物差しが必要ですね。・・・その方法としては

メトロノームを録音してそれに合わせて(ヘッドホーンで聞きながら)録音する。
自分の演奏に合わせて他のパートを演奏する。
(でだしの合図の為にカウントを録音しておき、それを合成以前に削除する)



■さて、とりあえずやってみましょうか?

この楽譜で一人二重奏を試してみましょう!



(もちろんあなたの好きな曲で良いのですが・・最初は短くて簡単な曲が良いと思います・・)


この楽譜には前奏がありませんから後で合わせる為に工夫する必要があります。
・始まる一小節前の1拍目と2拍と3拍目は手か足または声で合図をする。(4拍目は無音とする)

録音出来たらファイルを保存して下さい。
上のパートと下のパートを別々に作りRadioLine Freeにて合成すれば出来上がりです。




■簡単に合成すれば出来上がりと書きましたが、

「オイオイそんな説明ではわからん」・・と言う人の為に・・・

RadioLine Free を起動すると次の画面が出てきます!



音声トラック1 と 音声トラック2 に先ほど録音したファイルをドラッグしてドロップしてください。
もちろん普通にファイルを開いても構いません。

再生ボタン右向きの矢印を押すと再生が始まります。
うまく始まりが合っていれば良いのですが・・・大抵はずれると思います。
そこで、演奏が始まる前の時間を統一する必要がありますね!


もちろん奇跡的にぴったり出来た方はファイルのドロップダウンメニューを開き
「音声ファイルとして全体を保存」または「サウンドエンジンにミックスダウン」を選択して下さい。



■さて、そこまで上手くいく場合は全くまれですから 修正の方法を学びましょう。

大抵の場合二つのファイルを同時に再生すると出だしが合っていませんのでそれを調整しましょう。

ここで覚える操作!
矢印のキー ↑(UP) と ↓(DOWN)です。

●ただのアップダウンは録音された波形が画面にどれくらいの幅で表示するか・・・です。
●Ctrl を押しながら アップダウンを操作すると波形の大きさが変化します。


この操作で自分が調整しやすいように波形の大きさや時間軸の長さを調整するのです。


ファイルの始めから演奏が始まるまでの時間が同じ秒数になる様に緑色のカウンターを見ながら調整します。

例えばファイルの始まりは、演奏の始まりから一秒前までとするならそれ以前の録音は削除すればよいのです。
それ以前の部分をクリックして最初まで移動して色を変え、
そのぶぶんを右クリックしてメニューの中から削除を選ぶ!
その様に作業して各録音ファイルの演奏前の長さをそろえておく。
実際に聞いて微調整をする。

(演奏が終わった後の長さは合成後に削除すればよい。
 ちなみにCDにした時、曲と曲の間は2秒ぐらいにすると良い)



出来た方はファイルのドロップダウンメニューを開き
「音声ファイルとして全体を保存」または「サウンドエンジンにミックスダウン」を選択して下さい。



■RadioLine Free だけで「春の小川」を多重録音をしてみよう。

(実は RadioLine Free だけで多重録音が出来るのです)

ます最初に基本になるパート(メトロノーム)を音声トラック1に録音します。
(この場合最初にでだしの合図として一小節分を足して録音した方が良いでしょう)

●音声トラック1 の 赤いR をクリックして音声トラック1に録音する状態にします。
●下のコントロールの所で 赤い● を押して録音状態にして 右三角の play ボタンを押して、録音を始めます。
●録音が始まったらメトロノームを一小節分多く動かして録音します。
●終わったら再度 赤い● の録音ボタンを押します。
●見やすく成る様にグラフの縦軸と横軸の倍率を調整します。
  矢印のキー ↑(UP) と ↓(DOWN)です。
    Ctrl を押しながら アップダウンを操作すると波形の大きさが変化します。



これに合わせて1stのパートを録音します。

●メトロノームのパートの再生は1stの録音の時に一緒に録音されるとまずいですから、
 再生音はヘッドホーンで聞くようにして下さい。
●赤い丸に注目して下さい。音声トラック2 が録音状態に成っています。
●この状態で下の 録音ボタン を押し 右向きの矢印 で録音を開始します。
●録音終了は 再度 録音ボタンを押して下さい。




1stを音声トラック2に録音してBGMトラック1を録音状態にしている。





2ndのパートを録音した状態




メトロノームのトラックを削除する所



メトロノームのパートを削除して音声トラック2にあった1stのパートのグラフの上でダブルクリックして選択し
Upキーによって音声トラック1に移動したところ



同様の動作によって2ndのパートを音声トラック2に移動したところ



同様の動作で1stのトラックと2ndのトラックを音声トラック1に合成したところ。
この動作は4重奏以上をしたい場合に有効です。



■各パートの定位を決定
簡単に言うと各パートがステージのどの位置にいるかを音量で調整する事。
定位のスライドを調整して決めます。


出来た方はファイルのドロップダウンメニューを開き
「音声ファイルとして全体を保存」または「サウンドエンジンにミックスダウン」を選択して下さい。

ミックスダウンの仕方







■ミックスダウンしたファイルの編集。


無音部分の雑音を取る。
音量を変えたりノーマライズしたりする。
エフェクトをかけたりする。




これで完成するはずです。・・・あなたの作品をお聞かせ下さい。




■やってみたけど・・・・。もう少し綺麗に録音できないか?・・・という方!!

●音の入り口を改良する。

良いマイクを使う。
(この場合コネクターが違ったりするのであわてて買わない!)
(いろんな意見があるがオカリーナ用にはかなり高いマイクが必要かも?!)
(マイクの値段は1万円から60万円ぐらいです;;;;)

コンピュータとマイクの間に usb オーディオキャプチャー を使用する。
(これで不要なノイズが減るはず・・・たぶん)


●最近流行のICレコーダーで録音しインストールしたソフトを編集用とする。
(以前も書きましたがICレコーダーのファイルはWavファイルに変換する必要があるかも?)



■お手持ちのマイナスワン(カラオケ)CDを使い伴奏と一緒に録音するには・・。

二つの方法があります。
●伴奏と貴方の演奏を一緒に録音する方法。 これは伴奏を再生させながら貴方が一緒に演奏しそれを録音すればよいのです。
伴奏とのバランスに気を使いテストを行って下さい。

●伴奏のwavファイルを作り、それをヘッドホーンで再生させながら、貴方の演奏だけを録音する方法。
独奏のファイルと伴奏のファイルそれぞれの演奏の始まりまで時間を同じ長さに調整し
RadioLine Free(ラジオラインフリー)で合成し一つのファイルにする。
編集が少し面倒に成りますが、こちらの方法をお勧めします!!
・・・はは





◆◆貴方の作品をYouTubeにUPするには・・・・・!!◆◆


一人アンサンブルや、カラオケに合わせたあなたの演奏が出来てCDにする事が出来ますが、
ビデオで撮った映像でなくてもDVDやYouTubeに投稿する事が出来るのです。
ここでは、ほんの少しだけその方法をお教えします・・・もしわからない時はご質問ください


まずYpuTubeに行き登録してログインする!(無料で利用できます)

貴方のウインドウズでしたら「Windowsムービーメーカー」と言うソフトがあります。

その他にも Free のソフトがありますので必要なら探して下さい。

上記のソフトに適当な写真と貴方の演奏ファイルがあれば動画を作成する事ができます。
写真は演奏時間いっぱい同じ写真でも良いですし、何枚使っても構いません。
当然、表題やクレジットも入れる事が出来ます。
あとはあなたの工夫次第・・・・。




ご質問 等はこちらへ、それによっては各部分を詳しくする事があります・・・あはは


Copyright (C)All Rights Reserved. -- mail
■フルートオカリーナ館 ■Ocarina Room ■おがわオカリーナ奏法 ■オカリーナを録音して楽しもう! ■散歩の ■ちゃこのおんがく ■in 大谷 ■オカリーナ・プラザ